スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁酒を破る、それから映画『ゆれる』

 結局、3月1日、塾でバイトしていたときの同僚達と飲んでしまう。彼らと前回飲んだ日から禁酒したのだが、やはり飲み会に参加しながら飲まずにいるのは到底無理だった。久々に飲むと、最初のビール1杯で真っ赤に酔ってしまった。行く前までは、ビールだけにしておこうかとか、焼酎はエンドレスになるので飲むまいとか、頭の中で色々とシミュレーションしていたのだが、歯止めがかかっていたのは1次会まで。2次会では焼酎をかぱかぱとお代わりしていた。熱燗に移らなかったのがせめてもの救い。でもまあ、翌日の気分や体調も飲む前とあまり変化なく、ジョギングをしたら元通りになった。これからも基本禁酒で、たまに仕事以外で飲むならいいか。

 さて、時間的には1週間ほどさかのぼるが、久しぶりにDVDを借りてきた。今の家に引っ越してからレンタルに行ってなかったので、3年半ぶりくらい。通勤中に聴いているポッドキャストのNPRで、ダース・ヴェイダーのメイキングが紹介されていて、エピソードⅢを観たくなった。
 ずっとDVDプレーヤーのリモコンを使っていなかったら、中で電池が塩を吹いていた。本体ではメニューをいじれない機種なので、デフォルトの日本語吹き替えでスター・ウォーズを観る羽目になって今イチだった。内容的にも昔の3作品を観たときのようなワクワク感はない。結末を確認しただけという感じ。

 それよりTSUTAYAで半額期間中だったこともあるが、勧められて以前から見ようと思っていた『ゆれる』が大ヒット。年を取るごとに減ってきたが、久々に映画でショックを受けた。ちょっとした感情のゆがみや衝動が、地縁とか血縁といった積み重ね的なものをあっさり変質させてしまったりするのが、すごくうまく描かれている。全体のストーリーは実際に見ていただくとして、とりあえず一部の印象だけランダムに書いてみる。
 
 人を殺して呆けてしまった香川照之扮する兄に対して、オダギリジョーの弟は子供に接するように、大丈夫だと諭す。やがて兄はぽつりぽつりと話し始める。お前の自由な人生が羨ましい。俺なんか田舎に縛り付けられて挙げ句に人殺しだぜ。なぜ、こんな風になっちゃうんだろう。曖昧に宥めようとする弟に対して、兄は突然「そんなことはわかっている!」と豹変する。

 例えば、カフカの『判決』。妻を亡くしてから気弱になり、惚けの兆候まで出てきた父親をベッドに横たわらせ、息子が毛布を掛けると、父親が「ちゃんとくるまれているかなあ?」と訊いてくる。ちゃんとくるまれていると息子が答えると、突然に父親が「言いくるめられるものか!」と憤怒して立ち上がり父の威厳を取り戻す。目の前の父や兄が、どんなに弱々しく子供っぽく見えたとしても、ほとんど一瞬にして、不変の権力関係が取り戻される。それほどに、家族の法は先験的な強固さを持っている。

 また、色川武大の短編『友よ』では、語り手である「私」より3歳年上の友人は、50歳を過ぎてお情けで再就職した職場でも酒におぼれて、出社してこない。そんなある日「私」に電話がかかってきた。スナックで飲みながら、「大丈夫、心配することなんか何もない」とその気のない慰めを言う「私」に、彼は「俺は、お前を殴るぞ」と冷たい声で言った。

 もっとも、弟もいったん得られた優位な立場を簡単に手放そうとはしない。映画で弟が、面会の窓に向かってパイプ椅子を投げつけるほどの怒りを見せたが、僕もそれと似たような感情を経験したことがある。年上のMはとにかくまじめな人間だったが、心身のバランスを崩してしまった。僕は休みをつぶしてまで彼の復帰の手はずを整えるために奔走した。人形みたいに弱々しく従っていた彼は、半年もして健康を取り戻してくると、理不尽な反抗をしてきた。そういうときは震えるほど怒りを感じるものである。こちらが世話をしてやっているのに、その態度は何だ、と。

 映画で兄が、感情のもつれで恐らくは悪意なく取り返しのつかないことをしてしまうのと、弟が、感情の暴発で恐らくは悪意なく兄を陥れてしまう。その点でこの兄弟は似ていると言えるのだろうか。あるいは、誰しもがそういう危うい存在なのか。

 ところで、観ているとき、何度か『ニュー・シネマ・パラダイス』へのオマージュ的なものも感じたのだけれども、僕だけでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

twitter
プロフィール

kencyon

Author:kencyon
東麻布在住のオトコ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。