スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁酒3ヶ月

 11月17日から酒を止めているので、もう3ヶ月以上、禁酒が続いている。実はその間に3回だけ酒を飲んだ。いずれも量はそんなに多くない。禁酒して間もない頃、仕事の会議でビールが出て、乾杯のかけ声に続いて一口飲んだところで我に返って飲むのを止めた。年末に厚木の飯山温泉で、宿の昼食に出た甘い食前酒を飲んだ。六本木ミッドタウンで正月の祝い酒を振る舞っていたところ、器が欲しいからという理由で妻が2つもらってきた升酒を飲まされた。その他はまったく飲んでいない。

 別に強い意志で禁酒をしているのではなくて、ただ何となく飲まない。いつも酒に付き合わされていた上司がいなくなったので、そのぶん飲まなくなっただけ。上司と飲むのはこちらとしては仕事の延長だから、解放後に1人でバーやら家で飲み直す。そういうのがなくなった。家では飲まない。いまは仕事の酒は飲まないようにしている。すると他には飲む機会がない。身体にはいいが、寂しいことでもある。つまり、気がついてみると、気兼ねなく友人と酒を飲む機会というものが、ほとんどないということだから。

 それでも、そのうち友人との集まりがあって、きっと進んで酒を飲むだろう。そのとき、身体や精神にどのような変化が起きるのかちょっと興味がある。いまの状態はもしかしたら、37年間で一番健康な状態かもしれない。高校生までの僕は、病気がちでとても健康とはいえなかった。大学に入ると病気は癒えたが、代わりに酒と煙草、不規則な生活と運動不足が始まった。会社に入ってさらに酒と煙草の量は増え続け、それらによる身体への悪影響が始まった。煙草は30歳で止めたが、酒量は仕事で更に増え、高血圧で倒れるのではないかと心配してジョギングを始め、やがて週末には10km程走るようになった。去年の夏があまりにも暑かったので、ジョギングの代わりにプールで泳ぐようになり、最近は週末にクロールで3kmほど泳いでいる。

 この中で、高校卒業以来、酒を3ヶ月間も飲まなかったことは恐らく初めてである。すると体重が減った。血圧は正常に戻った。夜に眠れないと疲れを取るために酒を飲もうと思い、その方が目覚めがよいと考えたりしていたが、実際は酒を飲まなくても寝付きはよいし、むしろよく眠れれて目覚めがいい。まあ、酒を飲む友人から裏切り者呼ばわりされるかもしれないが、これが今の正直な感想である。いったん、酒を飲んだあとにはこうした考え方は後退し、酒の記憶が甦った身体がそれを心地よい状態と感じるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
プロフィール

kencyon

Author:kencyon
東麻布在住のオトコ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。