スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の死

 3月12日に父が亡くなった。大学教員だった父は、いつも勉強ばかりしていた。子供の頃に一緒に遊んだ記憶は少ない。ごくたまに家族旅行へ行っても、ホテルに一人残って勉強をしていた。近年はロシア語の勉強に情熱を注いでいた。たまに電話で話すと、どれだけロシア語の勉強が進んだかを一方的にまくしたてた後、ついでのように孫は元気かと尋ねた。昨年10月の終わり、大学の講義が終わると倒れ、御茶ノ水の病院へ運ばれた。大腸がんがすでに胆嚢・肝臓・腹膜に転移していた。それでもロシア語の辞書を枕元に置き、気分が良いときは単語を覚えていた。僕の職場が神田なので、ここ数か月は病院でいろいろと父と話すことができた。昔と一緒で、父の一方的な話に辟易することも多く、死の少し前でも腹が立った。昔は喧嘩になったが、弱った父は「ごめんなさい」と素直に引き下がった。最後に話ができたとき「何もしてやれなかったな。ありがとう」と言っていた。そんなことないのにな。父は夢見がちだった。とても実現できそうもない先の目標を立てていた。直前まで自分が死ぬことを信じられなかったのだと思う。一方で、もしかしたら死んでしまうかもしれないと思ったのだろう。子供の頃に亡くなった自分の両親のルーツを話し、僕への心構えを説いた。見舞いに来ることのない人には伝言として、「いまはロシア語をゆっくり勉強できる場所にいるから」と言っていた。葬儀を終え、父のちょっとした言動を思い出すにつれ、それらは生前、時折は煩わしい気持とともに実家で生きている父親の姿に連なっていったのだが、いまは行き先を失っている。それで考え直した。父はやはり、今もどこかでロシア語の勉強をしているのだろう。負けないように頑張るよ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この度は

ご愁傷さまでした。

ご冥福をお祈りいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

Graceさん

早々に弔意を賜りありがとうございます。
本当に勉強ばかりの父でしたので、そう言っていただけると救われる思いです。
ところでご無沙汰しており、大変失礼いたしましたが、Graceさんはお元気ですか?

Re: この度は

ドラ夫へ

ありがとうございます。近々、飲みにでも付き合ってください。

Re: タイトルなし

なおとさん

暖かいお気遣いをありがとうございます。
私も同じように感じています。父が生きている時は意識していませんでしたが、
心のどこかで頼っていた面があったのだと思います。
なおとさんから昨年末にお葉書をもらって心配しておりました。
お互い、前向きに頑張りましょうね。


twitter
プロフィール

kencyon

Author:kencyon
東麻布在住のオトコ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。